これだけ出来ればモテる ビリヤード上達法!モテ期到来♡

未分類
Pocket

皆さんはビリヤードをしたことがありますか?

ビリヤードとは簡単に言えば6つの穴(ポケットと呼びます)にボールを落とすゲームです。

詳しくはWikipediaをご覧ください。

ビリヤードはとても奥が深く難しいゲームです。初心者にとっては楽しくないという方がほとんどでしょう。というよりビリヤードのビも分かってない方がほとんどだと思います。

僕は2年ほど本気でプレーしていて大会で何度か優勝するレベルでした。ちなみにA級です。(今はあまりやっていないので少し衰えてますが、、)

今回は僕の経験をもとに、これを覚えれば確実に舞えるコツと練習方法を教えたいと思います。

✔️ビリヤードはなぜ流行らないのか

日本のビリヤードは全然人気がありません。

海外では億単位の賞金が出る大会もありますが、日本では数十万〜数百万です。

ちなみにですが、プロの平均年収は280〜360万だそうです。

サラリーマンより低いですね。

なぜこんなに流行らないのか。

答えは、、


・シンプルに難しすぎるから。


初心者がビリヤードをやるとほとんど穴に入りません。適当に打って入るか、まぐれがほとんどです。

同じ角度の玉を2連続で入れることができる人はほぼいないでしょう。


・どうすれば上手くなれるのか。


まず、フォームが大事です。というより全てです。

ボールにちゃんとした角度で真っ直ぐ当たれば必ず入ります。

入らない原因は2つ✌️

キュー(玉を打つ棒のこと)が手玉(白い玉、基本的にこれしか打たない)の真ん中を捉えていない

肘がグラグラで手が真っ直ぐ出ていない。

このどちらかです。

これを改善するためにする練習がストップショットです。

ストップショットとは、穴と先玉と手玉を一直線に並べて打つ方法です。

下の写真のような打ち方ですね。

こんなん簡単だろと思う方、一回突いてみて下さい。

意外と難しいと思います。

ストップショットで手玉の真ん中を突いているのに入らなかった場合、原因は手が真っ直ぐ出ていないことです。逆も然りですね。

これを直すためには二つのことを意識するだけで大丈夫です。

手玉のど真ん中をしっかり見ながら突くことを意識する。

手は肘をしっかり固定して肘からしては力を抜き軽く振る

これがほぼ100%入るようになれば、もうそこら辺の人には勝てるのでしっかり練習しましょう。

距離は近い距離から始めてだんだん離していくことが理想です。

この練習は基礎がとても大事になってきます。自分のどこが悪いか分からない方は、

自分の突いている所をカメラで撮って見てみましょう。

客観的に見てみるとダメなところが見えてくると思います。

それでも分からないと言う方は、僕にDMでも送って下さい。

わかりやすく解説します。

✔️まとめ

いかがでしたか?

文章では伝わらないところがあったかもしれませんが、基本的にストップショットさえ出来れば周りとの差は歴然です。

これができるようになるとビリヤードが楽しくなってくると思います。

本格的に始めたいと思った方向けに1段階ステップアップした練習方法も後日紹介しますので是非みて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました